ランドセルの安全性と防犯対策

ランドセルは小さな子供の使うものだけに安全性には気を配りたいところですが、最近のものはよく出来ていると感心します。

自分が小さな頃は無造作に金属が使われていて、中にはそれで怪我をしてしまった友達もいたりするのですが、今のランドセルだと怪我に繋がりそうな部分は安全性を考慮して作られているので安心できます。

また、これは今も昔も変わりませんがランドセルはクッション性が高いので後ろ転倒してしまった時に、体を守ってくれますからこのような点でも小学生にはあっているのかなと感じます。

最初からランドセルの後部に反射板がついているものもありますから、冬場の暗くなりやすい時期は視認性も良くなって、交通事故を未然に防いでくれるのも安心できるポイントです。

また、防犯にも工夫をこらされていて防犯ブザーを取り付けることができる箇所があったりして、これも昔と違うところかなと感じる部分です。

昔はいい意味でおおらかでしたから小学生が犯罪の被害にあうことはないと構えていましたが、最近はそのようにも言っていられなくなりましたから、防犯ブザーを取り付けるための部分もできたのかも知れません。

安全性が高まったという点では良いことなのでしょうが、犯罪の被害を気にしなければならないというのは残念ではあります。

それでもなにか起こってからでは遅いので、いざという時に役立つ防犯ブザーが簡単に取り付けられるところがあるのはとても便利ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*